Q&A

  • 私(年収500万円)の場合、いくら節税できますか?
  • 節税効果は人によって変わりますが、仮にこのマニュアルをもれなく実施して いただければ、おおむね10万円~の節税が可能です。
  • 加えて注目いただきたいのは、その節税の効果は一年で終わることなく、将来にわたり続いていく、ということです。簡単に言えば、次回の確定申告で10万円節税できれば、ダイナミックな税制改正がない限り、ご商売をなさる間は常に10万円程度税金が安くなる、ということになります。
  • 下手に節税すると、税務調査で否認されないか心配です
  • 抑えていただきたいことが2点あります。1点目は、節税は法律に違反してはいない、ということです。節税をするのは皆様の権利であり、税務署にとやかく言われる筋合いはないのです。
  • 2点目は、効果的な節税を行う上では、グレーゾーンをうまく活用する必要がある、ということです。ここを活用する上で重要なことは、元税務職員のアドバイスをうまく使うということです。税務職員は、グレーゾーンを黒と取り扱って来た人ですから、見方を変えればグレーゾーンを白とするポイントに熟知しています。
  • 著者は、元税務職員ですので、グレーゾーンを白とするポイントを熟知し、このテキストにはそのコツを余すところなく解説しています。加えて、税務調査対策の章も設けており、ここを活用すれば税務調査にも十分に対応できます。
  • 来年の確定申告?でも使えるノウハウですか?
  • 現在までの税制改正を踏まえて作成しておりますので、来年も十分に対応できます。むしろ、来年を見据えた節税も豊富に盛り込んでおりますので、今から購入いただき、来年以降にもガッツリ使う、というやり方もできます。
  • 税金の知識がほとんど無いのですが、内容を理解できますか?
  • 節税の考え方をポイントで解説していますので、ここだけ見ていただいても大丈夫ですし、もう少し詳しく考えたい方にも、本文には充実した解説を盛り込んでますので、大丈夫です。
  • 法人化を検討していますが、この本は役に立ちますか?
  • 法人化は、節税に必須ですので、かなりのボリュームを割いています。著者は、法人税に関する書籍も数冊出版しており、法人税の節税にも熟知していますので、むしろ法人化の際に大いに役立つテキストと自負しております。
  • 本テキストと、市販されている節税本との一番の違いはなんですか?
  • 元税務調査官かつ試験組の税理士がノウハウを公開している、という点です。税務署のOBが書いた節税本はありますが、彼らは前職に遠慮して税務署の裏側のノウハウを十分に公開しておりません。
  • また、試験組の税理士は、後日のトラブルを心配して、思い切った節税ノウハウを公開せず、税務署から問題とされにくいものの、効果が薄い節税ノウハウだけを公開する傾向があります。
  • 本テキストは、税務署にしがらみがなく、かつ税務署の裏事情もよーく知っている元税務調査官かつ試験組の税理士が作成したテキストですから、ダイナミックな節税ノウハウを公開しております。
  • 他の節税商材に比べて、高額なのですが?
  • この商材が高いとお感じの方は買わないほうがよいでしょう。この商材を使えば、それ以上の節税効果が見込まれるわけですが、このノウハウを活用するにはそれなりの手間もかかりますので、高いとお感じの方はこのノウハウを知ったとしても活用できない、と思われます。
  • 言い換えれば、不必要な税金を支払わない、という決意のある方にとって、有用な商材なのです。
  • 現在税理士に顧問を依頼しておりますが、顧問税理士のアドバイス以上の効果がありますか?
  • 税理士は法律に書いてあることには強いですが、グレーゾーンを白にするテクニックにまで詳しいわけではありません。このテクニックが節税の効果を左右するといっても過言ではありませんが、この点についても詳細な解説を加えているのが本テキストです。
  • このテクニックは、実際に税務署に勤務し、税務調査に従事するなどして税務調査官の考え方などを体験しなければわからないものです。著者は元税務調査官であり、この考え方も知り尽くしておりますので、効果の高いテクニックを解説しています。
  • 知人が節税をしたところ、税務署からお尋ねが来て大変なことになった、と言ってました。このテキストの節税を行なっても、このようなお尋ねが来ることもあるのでしょうか?
  • 税金の種類が変わっても、税務調査の実態はほとんど変わりません。このため、所得税や相続税の税務調査が実施されても、全く問題なく活用できます。
  • 現在、副業をお持ちのサラリーマンの方に対する所得税の税務調査が厳しくなっておりますし、相続税は今後間違いなく増税されますので、経営者の方に限らず、このような方にも是非活用いただきたいノウハウです。

お申し込みはコチラ

ページトップへ戻る

著商品のご案内「税務調査を必勝に導く10の戦略と5つの戦術」 著者・監修者プロフィール 事例